「新型コロナウイルス対策」及び

「愛知県緊急事態宣言」につきまして

 

2020年4月10日に「愛知県緊急事態宣言」発令以降、現在も新型コロナウイルス感染拡大防止対策として、訪問先はもちろん、社内でも感染防止対策に当社も取り組んでおります。

一方で、経済は落ち込んでいる状況が続いており、落ち着くまで、少しでも安心材料のひとつとして「不要なものを現金化したい」というお客様がいるのも事実です。

可能な限り、お客様へお応えさせていただくために、訪問時にはマスク着用など感染拡大防止対策を、ご協力いただきますよう、お願い致します。

 

株式会社エコトラスト

   代表取締役  中山 智

​お客様×信頼×リサイクル

ECO TRUST Co.,Ltd.

ー​リサイクルで地球を守るー
​Recycle for Earth
ご挨拶

弊社ホームページをご覧いただきありがとうございます。

初めてのお客様にも「安心」して、「ご納得」いただけるように詳しくご説明させていただきます。

お客様に「ここで売ってよかった!」と思っていただけることが、一番の信頼(TRUST)です。

もちろん、出張料、査定料無料ですのでお気軽にお問合せ下さい。

以下から市
​お知らせ

このたび株式会社エコトラストは、2019年8月1日より

オフィスを移転いたしましたのでご案内申し上げます。

【新住所】

  〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅4丁目3-10

東海ビル206

【新TEL】

052-462-1891

【新ホームページ】

https://ecotrust-inc.wixsite.com/mysite

 

御迷惑をお掛けし申し訳ございませんが、
今後とも一層のご指導とご支援を賜りますようお願い申し上げます。

2019年8月

-リユースを日本の文化に-

-「もったいない」の心を、必要としている誰かと地球のために-

​退蔵は「もったいない」

e-trust.re.jpg

​江戸時代の人々は、「もったいない」という心を持って、身の回りの様々なものを大事にしていたと言われています。例えば、着物や履物等の日用雑貨のほとんどがリユースされ、瀬戸物や鍋も専門の修理屋によって修理されて長く使われる事でゴミになる物はほとんどありませんでした。

​そして2019年現在、私たちの暮らしは「片付け方」や「整理術」といったキーワードが多くの消費者を惹きつけるほどに、物が溢れています。つまり、多くの消費者が使わなくなった不要品を手放さずに自宅に仕舞い込んでいる、「退蔵」している事が明らかになっています。

「退蔵」してしまう事の背景には、「もったいない」という気持ちが江戸時代から変わらず私たちの中に息づいている証拠でもありますが​、一方で、まだ使えるものを誰かに使ってもらう事なく、最後にはゴミにしてしまっているとすれば、その気持ちを活かしきれていないと言えるかもしれません。

このように退蔵している事を「もったいない」と感じ、リサイクルショップやコミュニティ、インターネットを通じた様々なリユースの手段を通じて、ご家庭に眠ったままの物を再活用する事、物と人とをつなげるリユースが私たちの暮らしに浸透していく事、社会に蓄積された価値のある物を再活用するストック型の社会へと移行していく事が今後の私たちに必要であり、弊社がその橋渡しにより社会貢献できればと考えています。

株式会社エコトラスト

​代表取締役   中山 智